人は俺を「毛皮マスター」と呼ぶ!

毛皮を染める注意点

毛皮は、正に動物を使っている天然素材ですので、ペットの毛を美容院で染めているように様々な色に染めることができます。単色だけではなく、何色か混合したり、グラデーションをつけたり、その手法も用途によって色々あります。また、皮の部分も染めることが可能で、この加工法にも数種類存在します。しかし、高価な毛皮を染める時には注意点をよく知っておかないと、おおきな後悔に繋がることにも成り兼ねませんので、その項目を頭に入れておきましょう。毛皮を染める場合、外での紫外線だけでなく室内の蛍光灯などで赤い色素に反応して化学変化を起こし、茶系が緑、グレーがピンクになったりする変色を起こすことがあったり、毛皮を染めることによって、本来備わっている色落ち防止の機能が何らかの影響でなくなってしまうこともあります。また、皮自体が部分的に収縮したりする場合もありますので、毛皮を染める場合は、信頼性の高い、高度な技術を持っている専門業者に依頼しましょう。