人は俺を「毛皮マスター」と呼ぶ!

毛皮のリフォームの魅力

着る機会がなくなったけれど、捨てるとなるともったいなく思う毛皮の服を、リフォームして再び活用できるよう作り変えることに注目が集まっています。 リフォームと言っても、ただ単に服の丈を変えるだけではありません。プラクト加工といって、毛を抜いて軽い素材に変えることもできるのです。この加工によって、まるで別の服に生まれ変わったように毛皮の触り心地が柔らかくなるのです。 毛皮がゴージャスすぎてなかなか着こなせなかったという服は、カジュアルになるよう加工すれば、利用できる場がぐんと増えます。 また、リフォームの際に余った毛皮で、バッグやマフラーをいった小物を作ることもできます。一着のコートから、いくつもの毛皮アイテムを作ることができるので、同じものを二つ作り、お揃いで使いたいという希望にも沿うことができます。 このように毛皮のリフォームは、自分の希望を叶えながら服や小物を作ることができ、おしゃれの幅が広がる魅力的なものなのです。