人は俺を「毛皮マスター」と呼ぶ!

毛皮のコートをクリーニングに出した場合の価格

大切な毛皮のコートは、長持ちさせるためにも年に一回はクリーニングに出したほうがよいでしょう。冬場に使用した毛皮は、思った以上に汗を染み込んでいるため、ほおっておくと、カビが生えてしまいます。 また、小さな虫がついてしまうと、虫が毛皮を食べて生息し、フンが臭ってしまいます。 毛皮をクリーニングに出した場合種類によって価格が変わります。

ファー買取の対応・口コミからおすすめの比較サイト

たとえば、ロングコートのクリーニングの価格は、ラビットや、モルモットの場合12000円ほどですが、アライグマや、ムートン、タヌキは高くなります。さらに、イタチや狐、アザラシは18000円ほどかかり、カワウソや、山猫、ヒョウは、さらに高くなります。一番高いのは、シンクです20000円を軽く越えてしまいます。価格は種類や大きさによってかなり変わってくるので事前にクリーニング店で確認しておきましょう。大切なコートなので、価格は多少高額になってきますが長持ちさせるためにもクリーニングに出したほうがよいでしょう。